慢性便秘の解消は、弛緩した腸を蘇らせること!そのための第一歩、究極の方法がコーヒーエネマです。

 慢性便秘 > 便秘薬とその弊害

便秘薬とその弊害

便秘薬の種類



便秘薬は、腸粘膜や腸神経を刺激して排便を促すもの(刺激性下剤)
便を軟らかくして嵩を増すことで排便を促すもの(増量性下剤)とがある。
作用の強さでは、緩下剤と峻下剤がある。
作用部位は主に大腸だが、ひまし油のように小腸に作用するものもある。

「便秘薬の種類」詳細はこちら

便秘薬の弊害


便秘薬の常用で起きる弊害

● 心身共に依存度、習慣性が増す
● 腸粘膜の色素沈着
● 腸の機能低下
● 腸細胞への悪影響
● 体内のカリウムの喪失⇒筋力の低下 等々…

 

「便秘薬の弊害」詳細はこちら