慢性便秘の解消は、弛緩した腸を蘇らせること!そのための第一歩、究極の方法がコーヒーエネマです。

 慢性便秘 > 食物繊維たっぷりのメニュー > 寒天

食物繊維たっぷりのメニュー

寒天




寒天は、天草やオゴノリという海藻から作られます。
食物繊維の王様  しかもノンカロリー    

寒天100gに含まれる主な栄養素

カルシウム 690mg 
鉄 9g
カリウム 29g 
タンパク質2.3g
糖質74.6g


寒天の種類

 角寒天 
● 糸寒天(サラダなどに使う) 
 粉寒天(デザートなど)


角寒天や糸寒天は、海藻の天草を煮溶かし濾過して凝固させたものを
自然凍結・融解・天日乾燥させて作る。
この条件として厳しい寒さが必要なため、製造は冬場 
冷凍や乾燥を行うことで、水分を抜いて長期保存できる状態にしている。

粉は専用工場で、一年中製造

成分効能は一緒 


<使い方>

角寒天一本8g 

30分ほど水に漬け、柔らかくしておく 
沸騰したお湯に、細かくちぎって入れる。
かたまりが消え 透明になるまで煮る。
(泡立て器で攪拌すると早く溶ける。)


糸寒天

水に15分ほど漬け、しっかり絞り透明になるまで煮る。
サラダなどに使う場合 水に15分ほど漬けたものを
そのままサラダに盛る。



粉寒天
1袋 4gの製品が多く出回っている。
水に加えてから火にかける。
底に溜まらないようによくかき混ぜ3分ほど煮る。

3種類の寒天の同量: 角寒天1本=粉寒天2袋 糸寒天26本=8g 



粉寒天のほうが凝固力ある。


※寒天より冷たい液体を一度に大量に加えると、
寒天の温度が低下し、固まってしまい均一に混ざらない。
液体を少し温めるか 寒天を火にかけたまま混ぜ込むかする。

 

寒天の不思議な性質 

 仝任泙覯硬戞〕呂韻覯硬戮隆屬烹毅暗戮盧垢ある

 液体の状態にある寒天が固まり始めるのは40度くらい。
 一度固まった寒天が溶け出すのは90度くらい。


  調理済寒天は、冷蔵庫でラップして4〜5日もつ。
  この温度差を利用して固めた寒天を熱して、
  とろみのある状態を作れるスープなどに利用できる。

◆^貪抔任泙辰討癲△泙人呂韻

  溶けたり固まったりを繰り返しても寒天には変化なし。
  料理の味付けに失敗しても、熱してまた溶かせばもう一度味付け
  なおしたり固まらせたりできる。
  
90度で溶けだすのでそれ以下では溶けない。
  冷蔵庫に入れないと固まらず、室温では溶けてしまうゼラチンより
  扱いやすい


 独特な網目構造

  食物繊維が豊富な寒天は、固まっている状態の時、
  食物繊維の網目を張り巡らせている。

  この網目で食物のうまみ成分を抱きかかえる。
  保水力が高く、網目が水分をキープしてくれる。
 
 

ぁ〇世房紊、固まらなくなる

  酸性の食材(キューイや柑橘類)と混ぜると、食物繊維の組織が
  細かく分解され、網目構造が破れ、凝固できなくなる。
  寒天を煮溶かした後、あら熱を取りその後手早く果汁を混ぜ込む。

ァ‘脂肪分に弱い

  牛乳に直接寒天を入れて煮溶かすと固まりにくくなる。

Αゞ力な吸水力

  寒天1本(8g)9で800CCの水を凝固させられる。
  寒天1本には6gの食物繊維 

 Ф力な凝固力

  寒天に砂糖が加わると凝固力が強くなる。