慢性便秘の解消は、弛緩した腸を蘇らせること!そのための第一歩、究極の方法がコーヒーエネマです。

 慢性便秘 > 食物繊維たっぷりのメニュー > 卯の花和え(おから和え)

食物繊維たっぷりのメニュー

卯の花和え(おから和え)




おからは食物繊維そのもの  不溶性食物繊維:セルロース(sellulose)の塊です。
絞りカスといえど、タンパク質は大豆の40%も残っているし、
炭水化物にはオリゴ糖も含まれます。


  
  「おから」と「豆乳」でできたクッキーパン
  天然酵母 職人の手作り 新発売価格中


カリウム
も多く、ナトリウムを排出してくれるので、高血圧の予防にも役立つ。
下剤を連用している慢性便秘の人は、どうしてもカリウムが減り、血圧も高くなって
行く傾向がある(私)

その他の栄養素も食物繊維だけの食品でないことは、日本食品成分表で
わかります。鉄分も牛乳の10倍。


<卯の花和え>    卯の花和え                                                
     ■ おから(具とのバランスで増減)
   ● 干し椎茸   
   ● 人参      
   ● 筍      
    ● ゴボウ(歯ごたえがよくなる)
   ● コンニャク
   ● 小松菜(ホウレンソウor春菊など) 
   ● ニラ(ネギ)
    
酒   醤油   みりん  酢  砂糖
     だし汁   椎茸戻し汁   胡麻油
      

写真の卯の花和えには入っていませんが、オカラはどんな具とでも相性がいいので
キクラゲ  竹輪  切干大根  インゲン豆  ひじき 鶏肉…どんどん入れて豪華
バージョンに仕上げると味が深くなり、歯ごたえも良くなり、うんと美味しくなります。

をおからの方にたっぷりしみ込ませるので コクのある味に仕上がります。 
別に味をつけた具材をどっさり放りこんで フライパンからこぼれんばかりに混ぜ混ぜ…


常備菜として作るのですが、割とすぐに食べてしまいます。
酢を効かせるところが、隠し味になって、箸が進みます。


私は、きんぴらごぼうにも酢を沢山入れます。その分、みりんを多めにしなければ
なりませんが、ちらっと酢を感じるきんぴらはご飯泥棒♪


昔は、スーパーの小袋を買っていましたが、、
豆乳も作れるジューサーを購入してからは、自家製おから。


豆乳ローションなるものが巷で流行った時購入したものです。
豆乳ローションより、豆乳石鹸より、そこから産生するおからで肌をマッサージすると
顔から手足まですべすべになって、ほくそ笑んでいたのですが、


最近、やはり体の健康第一、”食べる”方にまわしています。
豆乳はじゃんじゃん飲みたいけれど、おから食べが追いつかないので、


おからを食べる利用法を考え 、クッキーや豆腐バーグに練りこんだらどうかな!
と思いついたのに、なんと、レシピが器具の説明書やネットに出ていました(;一_一)


そのレシピを元に自分流に作ってみますので
クッキーとおからバーグの美味しいのが作れたら、ご紹介します…が

  ←こちらが新発売になりました(新発売価格中)
  天然酵母を使った職人による手作り
  美味しい
  おから+豆乳のクッキーパン!!




豆乳って、できたての熱々はすごく!美味しいんです。これで豆乳にはまりました。
できるかぎり動物性のものを遠ざけているうちに、牛乳のこってり味が苦手になって…
青汁を混ぜて飲んだりします。


ミキサーだけの場合、大豆と水をトロッとするくらいに粉砕して、
沸騰したお湯の中に加え、さらに沸騰させて、それから、布巾で濾し
豆乳とおからに分ける手順になりますが、


豆乳も作れるジューサーは、付属の豆乳サーバーをセットし、
サーバーの半分側から十分膨らんだ大豆を
もう一方から水を加えると、下から豆乳がぽたぽたとで出てきます。


その豆乳を沸騰させ、マグカップに移し、フーフーしながら飲む!
くせがなく、青臭さもなく、不思議と落ち着く味がします。


器具の中には絞りカスが、びっしりと貼りついているので、はがし取ります。
お店のおからとすると きめは粗いですが
フライパンでホロホロに炒り、味が付き、和え具が混じると全く感じません。 
 

便秘解消レシピは、管理人の「便秘解消レシピ 」でご紹介しています。


← 豆乳、ミキサーしてるヒマないよー!という方にお勧め!
   これはプレミアム豆乳 です。その訳は↓
  
   イソフラボン  オリゴ糖  リシチンが通常の豆乳の
   3倍以上含まれています。

     

              
            
豆乳+青汁=快便